動画見逃した方向け無料【ロード・エルメロイII世の事件簿魔眼蒐集列車 Grace note】第13話最終回【時計塔と日常と未来への第一歩】浪川大輔に泣かされる上田麗奈がかわいい。

こんばんは、ふゆです。

それではさっそく2019年夏のアニメ、

【ロード・エルメロイII世の事件簿魔眼蒐集列車 Grace note】第13話

動画見逃した方向けの詳細ネタバレ解説&感想を書いていきます♪

動画を見たい方は、一番下に無料で動画を見れるサイトを載せています★


第13話最終回  時計塔と日常と未来への第一歩

前回までの大まかあらすじ

グレイとアッド、渾身のコンドミニアム!

++++

魔眼蒐集列車の事件から数日後。

カウレスは、けがをしたグレイを見舞っていた。

魔術課にも、おとがめはなかったそう。

エルメロイも入院しているようで、フラットとスヴィンが見舞いに来ていた。

司法取引でイヴェットも解放されたようだ。

カラボー神父の助けで、先の戦いでエルメロイ達の命も助かり、七年前の件も不問になっていたようだ。

退院したエルメロイとグレイのもとに、化野が尋ねる。

きっと、またあのハートレスと会うことになるだろうと。

『あなたはなぜトリシャのペンダントを残していたのか、おびき出したい誰かがいたのではないですか』

『あなたとライネスと似たようなものですよ。ハートレスは義理の兄です。まだなにか』

『なぜ、途中でオークションを降りたのだ』

『あら、もしかして法制課をしんようなさっていたのですか』

一方、オルガマリーは退院後に間違って病室を訪ねたようで、ライネスとばったり出くわす。

『間が悪いと言われたことはなかったか。お互い時期ロードの後継者だ。親交を深めておくのもいいだろう』

『あなたとは仲良くできそう』

『お互いに利用価値のある間は、よろしく』

そんな中、クリスマスが迫り賑やかさを増す街中でメルヴィンと出会う。

メルヴィンはウェイバーの魔術刻印を預かっているのだという。

『ライネス嬢から借金を背負わされた時、担保として差し出したのが魔術刻印だったんだ。

僕が預かるのが適任だろう?』

『どうして、ウェイバーってよぶんですか』

『あいつがロードの座を譲るときに、ウェイバーって呼ぶ人がいないと寂しいじゃないか。

ロードじゃなくなった後の時間もね、彼の大切な時間なんだ。

彼は変わってきた。例えば第五次聖杯戦争とか、そうなればここを去ってしまうかもしれないよ』

『そうなっても、師匠は師匠です』

『人にはいろんな側面があるものさ』

現代魔術科ではスヴィンの典位(プライド)昇格の儀式が厳かに行われていた。

『また生徒に抜かされてしまったな』

『ここまで来られたのは、先生のおかげですよ』

10代の若さで典位への昇格を成し遂げた教え子の姿を、ロード・エルメロイⅡ世も万感の思いで見つめる。

一方グレイは、ロード・エルメロイⅡ世が聖杯戦争への参加のため、遠く旅立ってしまうのではないかという不安を拭いきれずにいた。

パーティの後、部屋で酔いつぶれるエルメロイ。

『師匠のおかげで、拙は救われました。

あの村から、師匠が連れ出してくれたから、きっとみんなだって、いろんな理由で師匠に感謝していると思います』

『永久に半人前のロードだと、今でもそう思っているが、少しくらいは』

『行くつもりなんですか』

『第五次聖杯戦争だが、正式に辞退したよ。英霊イスカンダルのけじめじゃない。

未練はあるが、固執すべきものじゃない。

私が今決着をつけなきゃいけない戦場はそっちじゃない』

『師匠・・・あの、これライネスさんたちとデパートで、すみません、こんなものもらっても』

『いつも言ってるだろう、なぜそうしたかだと。

すまないが、一緒に戦ってほしい』

『拙で、よければ』

そういって涙を流すグレイ。

『よろしく頼むぞ』

そして、雪が降る。

エルメロイはソファで眠ってしまう。

グレイは眠るエルメロイを見つめる。

夢を見るエルメロイは、イスカンダルに声を掛けられる。

『これは夢だ』

『理屈をこねるようになりやがって、しかし教師とはな』

『聖杯戦争が終わっても、続くんだ。ばかばかしいくらいにな。

まだ僕は、お前の隣に並ぶことはできないってことだ。

その果ての栄誉も、現実で得るべきものだから。

ここではない、ロードエルメロイの戦場で』

『あえて問おう。楽しかったか、ここまでの旅は』

涙ぐむエルメロイ。

『ああ、当たり前だ、ライダー。

お前の背中を追うたびなんだから』

そして教団に戻ってきたエルメロイ。

『授業を始める』

(ED)

無料動画視聴サイトまとめ

【AbemaTV】  【ひまわり】