アニメ文字起こし 【7SEEDS】 第8話 詳細ネタバレ解説&感想 +夏至+ 小野賢章が津田健次郎を撃つ。石川界人のヘタレぶり。

こんばんは。ふゆです。

それではさっそく、アニメ 7SEEDS 第8話 のネタバレ解説&感想を書いていきます!

以前の話・7SEEDSを知らない方はまず↓↓からご覧ください。

アニメ 【7SEEDS】とは? 
アニメ 【7SEEDS】 第1話
アニメ 【7SEEDS】 第2話
アニメ 【7SEEDS】  第3話
アニメ 【7SEEDS】 第4話
アニメ 【7SEEDS】 第5話

アニメ 【7SEEDS】 第6話

アニメ 【7SEEDS】 第7話

前回までのおおまかなあらすじ

夏Aチームと出くわした花たち。

安居(小野賢章)が、十六夜(津田健次郎)を、いきなり銃殺。


パート1-8 【夏至】

花は、急に十六夜を撃たれたことに抗議するが、夏Aチームは

一般人とかかわると余計なことがない、と言って、花たちを無視していってしまう。

『僕はお役に立てましたか・・・嵐くんに、生きてればやり直せるって言われた。もっと役に立つはずだったのに』

と、言い残して、十六夜は死んでしまいました。

(ここでED)

もうすっかり夏になった様子。

みんなで春チームの拠点に戻ることができたが、あたりの様子が変わっており春チームのみんなは、いなくなっていた。

+++

ナツたちに場面が変わる。

ぞうとらいおんまるで航海を続けるナツたちは、蛍にそっくりな少女が海に流されているのを見つけ、救助する。

彼女は蛍ではなく、いとこのひばり(喜多村英梨)だ、という。

おお、やっとこさ、ひばりちゃんが目を覚ましました。

何度海に流されても助けてもらえるひばりちゃん、すごい守られてる。

『死にかけてる・・・・蛍ちゃんが死にかけてる・・・』

と、謎発言をして、くらい海を眺める。ミステリー少女だった。

+++

場面は、夏Aチームのアジトに。

けがをした桃太(広橋涼)が、布団に寝かされ、手当てを受けている。

あゆ(嶋村侑)は、効能がいろいろと違うと言って、傷に様々な薬草を塗っていく。

そこに安居が入ってくる。桃太の顔を見るなり、

『茂、やっぱり生きていたのか!』というが、近づくと他人であることが分かる。

その夜、嘔吐して発熱する桃太。けがの治り具合もまちまちで、悪化しているところもある。

あゆは、ほかのチームメンバーに、その状況を伝えている。

どうやら、桃太を使っていろいろな食べ物や薬草の実験をしていたようだ。

あゆやばい、人体実験を子供でしてる。

自分のメンバーを危険にさらしたくなければ、他人で試すしかないか・・・・

それを盗み聞ぎしていた桃太は、このままだと殺される、と脱走するが、安居につかまって連れ戻されてしまう。

安居は、茂ににた桃太をみて、なにか過去を思い出してしまったようだ。

安居、かなり深いトラウマ持ちのキャラクターのようです。

+++

花たちの場面に。

季節が移り行き、地形や状況が変化していくことで、完璧に安全な場所などないと悟る。

ハルは、ハルで木を楽器にできることに気づき、演奏に夢中。

知らない間に、演奏しているところで、ハルと夏Aチームのハングライダー担当小瑠璃(千菅春香)は仲良くなっていた。

ここだけなんかめっちゃ平和。

そして森を探索している花たちは桃太のスニーカーを発見し、桃太が夏Aに拉致れていることを知る。

桃太は、肉食獣のおとりにされたり、危険なことに利用されている。

観察するが、完璧な生活を送っており、持っているものなど、自分たちとの違いに驚く。

花は火事を偽装し、こっそり助けようとするが、安居と涼(櫻井孝宏)にあっさり見つかってしまう。

『桃太は返してもらいます』

『俺たちは、保護してやっただけだ』と言い争うが、

急に阪口大助・・・朔也の大きな声が森から響き、

『小瑠璃を人質にあずかってまーす★小瑠璃と、桃太を交換しましょう!』と聞こえてくる。

安居激怒。ぶち殺す!と怒り狂う。

その瞬間、めっちゃ大量の白蝙蝠が襲来し、皆が襲われる。

しかし花の機転で、蝙蝠を追い払うことができた。

そして安吾たちは、桃太たちのけがの手当てをする。

お互い、助け合って、手当てをしてくれたことに、花は一体この人たちは何なの?と混乱する。

+++++

近くの洞窟にいた、新巻たちや犬たちも蝙蝠に襲われる。

縛られて人質になっている小瑠璃も、血が止まらない茜や、妊婦のくるみの体調を気遣い、鷭(寺島拓篤)にみせたい、という。

しかし十六夜を殺されたことで、小瑠璃に怒りをぶつける秋チーム。

『いい人だったのに!』

しかしハルは小瑠璃の縄をほどき、鷭を呼びに行かせることを許す。

(ここでED)

+++++

くるみの子供の父親なのに、いつも何もできずにおろおろするしかない流星。

まじで、このチームメンバーに選ばれた理由が謎。

子供を増やさなきゃいけないから、めちゃくちゃ繁殖能力の高いオスだったってことか?

それにしても、今期の作品は対照的な役柄で配置されてることが多いです。

加隈亜衣さんも、平川大輔さんも、津田健次郎さんさんも、小西克幸さんも、

みんな、役が変わればイメージがガラッと変わりますね。

個人的には、これからの喜多村英梨さんのわがままっぷりに期待したいです。

次は、第9話の文字起こしネタバレ解説をしていきます♪